読書と教養 BOOK+一覧

レビュー・映画 『ドリーマーズ』

2003年公開、イギリス・フランス・イタリア制作。監督はベルナルド・ベルトルッチ。主演はマイケル・ピット、エヴァ・グリーン、ルイ・ガレル。2003年ヴェネツィア国際映画祭のプレミア上映作品。

映画は節操なく思いついたものを何でも観てしまい、特にこれといった趣向も主義もないのだけど(読書もそうだけど)、唯一、好きな映画監督をあげるとしたら、ベルトルッチかもしれない。一番好きなのは『シェルタリング・スカイ』で、映画作品から入って、ポール・ボウルズの原作も2、3度読み直した。『暗殺の森』や『ラスト・タンゴ・イン・パリ』など昔の作品も好きだが、『魅せられて』や『シャンドライの恋』などは、嫌いではないがさすがに早熟の天才監督の勢いも少し衰えたなあ、という感じで、そのままこの『ドリーマーズ』を観忘れていた。昨年亡くなったこの巨匠を偲んで、そう言えば観忘れていたこの作品を観てみた。 続きを読む


レビュー・映画 『麗しのサブリナ』

1954年公開、アメリカ。監督は名匠ビリー・ワイルダー。主演はオードリー・ヘプバーン、お相手はハンフリー・ボガード。衣装を手がけたのはイーディス・ヘッドで、その年のアカデミー衣装デザイン賞を受賞した。アカデミーの5部門にノミネート、ゴールデングローブ脚本賞を受賞した他、数々の映画賞を受賞している。1995年には、ジュリア・オーモンドとハリソン・フォード主演で『サブリナ』というリメイク作品もつくられた。 続きを読む