名言・名文・名句 『西部戦線異状なし』 レマルク


そうすると急に母はきつく僕の手をとって、どもるようにきいた。

「どうだったい、辛かったかい、あっちは」

おっ母さん、そんなことをきいて、僕はなんと答えたらいいんです。お話してもあなたにはおわかりになりません。また決しておわかりにはなりますまい。またおわかりになっていただくこともいりません。辛かったかい、とおききになりましたね…おっ母さん…

僕は頭をふって、答えた。

「なあに、そう大したことはありませんよ。なんだって、僕ら大勢一しょにいるでしょう。だからべつに辛いこともありませんよ」

Follow me!


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる