名言・名句・名文 『失われた横顔』 フランソワズ・サガン


私は夫を愛した、愛し方が足りなかった、愛しすぎた、うまく愛せなかった、と?私が答えることを拒否しないとしても、真実として何と答えたらいいのだろう。しかも、アランも認めるような真実を・・・。これが最悪の別れというものだろう。別れるだけでなく、それぞれ異なった理由で別れるということが。あんなにも幸せで、あんなにもからみ合い、あんなにも親密だったのに、現在では、ただ一つの真実とは、道に迷い、うつろな瞳で、砂漠の中で切断されることのない道を探すことなのだ。

Follow me!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。