名言・名文・名句 『はだかんぼうたち』 江國 香織


「みんな、いつまでこんなことをするのかしら」

と言って目元をほころばせて笑った。口元ではなく目元をほころばせる。桃の笑い方が鯖崎は好きだ。

「こんなことって、デート?セックス?男女交際?」

土曜日だし、場所も近いので、このあとはたぶん桃の部屋に行くことになるのだろうと思いながら言うと。

「その全部」

というこたえが返った。

「考えこんじゃうこととか、突然寂しくなることとか、不安になることとか」

と続ける。鯖崎は協力した。

「誰かに会いたいと思ったり、声を聞きたいと思ったり、そう思ったことに驚いたり、行動して後悔したり?」

「そうそう、そのとおり」

と言って桃は笑った。陽気というには諦念のまざりすぎた、でも可笑しそうな声と顔つきで。

Follow me!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。