おすすめ絵本14 『ちいさなねこ』


ちいさなねこ』

作:石井桃子 絵:横内 襄 出版社:福音館書店

小さな子猫から見た視点が生き生きと描かれた名作。短い中にもドラマがあって楽しめます。

《概要》

小さな小さな子猫がお部屋から飛び出した。でもお外は危険がいっぱい。子供に捕まりそうになったり、車に轢かれそうになったり。ついには大きな犬に木の上まで追い詰められてしまい大ピンチ!でも、お母さん猫が駆けつけて助けてくれてめでたしめでたし。

《おすすめタイプ》

 1歳ぐらいから、4、5歳まで。動物好きな子にもおすすめ。

《おすすめポイント》

古い絵本ですが、うちの子供たちも大好きな絵本です。

この絵本の良いところは、小さな小さな子猫の視点がすごくリアルに描かれているところ。ふらっとお家を飛び出してしまったはいいけれど、子供に捕まりそうになったり、車に轢かれそうになったり、外は危険がいっぱい。そんな子猫のハラハラドキドキが、読んでいる子供も一緒に体感できるようになっています。

絵がちょっとリアルなところが、最近の絵本とはまた違った質感があっていい。昭和な街並み、小さな猫と大きな犬の対比、お母さん猫が子猫をくわえるところの生き生きとした感じ、なんかも小さな子供の目を惹きます。

『ものうりうた』の記事でも書きましたが、昭和時代を感じさせる絵本が好きで、よく読みます。『はじめてのおつかい』や『くまたくん』シリーずなんかもいいですね。子供たちの服装、車、街並みなど、「今とはなにかが違う!」と感じることが小さな歴史の発見に繋がると思います。「ママやパパが子供の頃」「おじいちゃんやおばあちゃんが子供の頃」という時間の延長線上に歴史の興味が伸びていくといいなあ、と思っています。

ストーリーはとてもシンプルですが、短い中に子供が楽しめるドラマがちゃんと詰まっています。最後に頼もしいお母さん猫が出てきて、むんずと子猫をくわえて、最後は安心しておっぱいを飲む。一緒に読んでいる子供も、きっと安堵のため息をつくような、気持ちになりますね。

Follow me!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。